大切なのは「やり抜く力」

子どもたちが社会に出るころには、世の中のグローバル化、ICTやAI(人工知能)などが今以上に進化し、現在ある職業の65%が変化、あるいはAIにとって代わると言われています。
そのような時代に私たちは子どもたちにどのような力をつけていけばいいのでしょう。大切なことは才能や知能それ自体ではなく、目標の実現に向けた長期的、かつ継続的に努力する力、つまり「やり抜く力」をつけることなのです。「やり抜く力」(GRIT)は就学前の質の高い幼児教育により最も効率的に育むことができると科学的に証明されています。では小学生、中学生に対してはどうすればその力をつけていくことができるのでしょうか。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
キーワードは反復継続
挑戦 → 成功体験 → 自信 → くり返し → 定着 → 自信
挑戦 → 成功体験 → 自信 → さらに挑戦 → 自信
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
「自分で解けた時の嬉しさ」を経験し、「それでいいのよ」と言われた時の喜びの積み重ねによって自信がつき、学習の楽しさが感じられるのです。そしてまた次に挑戦していく力が育まれます。学研教室ではこのサイクルがうまくいくようにお手伝いし、子どもたちの「やり抜く力」を育てていきます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
二学期は重要単元が目白押し!
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【1年生】
繰り上がりのあるたし算
繰り下がりのあるひき算

【2年生】
10000までの数
かけ算・九九
長方形・正方形・直角三角形

【3年生】
あまりのあるわり算
少数の意味とたし算・ひき算

【4年生】
2ケタでわるわり算の筆算
面積

【5年生】
異分母分数のたし算・ひき算
単位量あたりの大きさ

【6年生】
角柱・円柱の体積
比例・反比例

以上は一例です。
これに加え国語も漢字・文法・表現力・記述力を鍛える練習が増えてきます。学研教材は、くり返しくり返し学習することで理解が深まり、真の学力が育まれます。

無料体験学習受付中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA