教室だより 2018年7月号

今年は酷暑の予定。それを裏付ける様な暑い日が続きます。熱中症には十分に注意しましょう。
7、8月の予定、遅くなりました。
7月16日(月)は「海の日」祝日ですが、通常通り開室します。教室夏休みは8月13日(月)~17日(金)です。
また夏休み中、帰省や旅行などで欠席の多くなる方はご相談ください。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
夏休みの間、少しがんばってみませんか?
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
●夏の毎日学習
例年通り基本の計算練習を1日1枚、全員に挑戦してもらいます。時間を必ず計ってください。
●英語体験会
7月21日(土)11:00~
幼児・低学年で10級を体験される方は親子でご参加ください。申込はメールでお願いします。

-・-・-・-・-・-・-
「聞く力」を鍛えましょう。
-・-・-・-・-・-・-
多くの保護者の方が、子どもに読解力がないと悩まれています。「読解力」をつけることは難しいことです。それは単に語彙力が乏しいということではないからです。読解力の前に必要なのは「聞く力」なのです。何もできない裸で生まれてきた子どもたちは、3歳くらいまでに母国語を聞いて話せるようになります。3歳の子どもは読み書きができるわけではありません。聞いて覚えたのです。つまり子どもにはもともと聞く力が天才的に備わっているのです。それがなぜ数年経って聞く力が落ち、話す力がついてこないのでしょう。その数年の間に私たちは何をしてきたのでしょう。
●聞かなくても済む環境を与えてこなかっただろうか?
●呼びかけに答えなくても済むテレビやゲームにお守りをさせなかっただろうか?
●子どもが要求を伝えようとしているのにさえぎって先回りして「これなの?あれなの?」と問いかけてこなかっただろうか?
●目を見て話してきただろうか?
忙しかった?時間がなかった?それぞれのご家庭でいろいろな事情があったでしょう。
今までのことはさておき、それより今から何をするのかです。今からでも遅くありません。例えば親子で15分「読書タイム」を設けてみましょう。小さいお子さんなら本を読むよりお話をしてあげることが先です。それから読み聞かせ、次にそれぞれが読書。
2~3年続けたら成果が出てくるかもしれません。気の長い話です。でもその時間は大きくなった時に、何よりの財産になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA