教室だより 2018年4月号

新しい門出の季節になりました。
4月の初めには大学の、そして来週は小学校、中学校、高校の入学式が次々と行われます。新しい環境に期待と不安を持って踏み出す子だもたちを精一杯応援していきます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
これからの時代、今の大人たちが経験してきた時代とは
かなり変わってくると言われています。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
良い学校を出て、それなりの企業に就職し、定年まで安定した暮らしをしていく...という常識が通用しなくなっていきます。

何よりも大学名で評価されるのではなく、その人が何ができるのか、どういう経験をしてきたか、どういう考えを持っているかが問われるようになります。部活のキャプテンをした、ということだけではなく、キャプテンとしてどんな工夫をしたか、部員のためにどんな気遣いをしたかまでが問われます。また自分の思いをしっかり表現できることも大切です。そのためには早くからいろんなことに興味を持ち経験を重ねていくことです。

学研の国語教材は、「表現」も基礎から自由な発想で書けるところまで組み入れています。また教材をすみずみまで読んでいくと、いろんな知識が増え、興味を広げられる様に作られています。そんな学習ができる様に指導していきたいと思ってます。

また保護者の方にも「これからは大変な時代だ」とか「今までと変わってどうなるのかわからない」など子どもたちを不安にさせる言葉ではなく、「これからの時代は自分の力で切り開いていける」「いろんなことに挑戦できて楽しいよ」など希望と憧れを与える言葉をかけてあげてください。

進学先最終報告
【大学】
関西学院大学
関西外国語大学
流通科学大学

【専門学校】
神戸動植物環境専門学校 アニマルサイエンスコース

【高校】
県立尼崎小田高校 国際探求学科
伊丹市立高校
県立伊丹西高校
県立西宮香風高校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA