教室だより 2016年11月号

今年もあと2ヶ月となりました。気候は相変わらず不順です。急に寒くなることもあるようです。風邪をひかないよう気を付けましょう。
学校の進度が少し遅いようなので気になります。スピードを上げて大切な単元があっという間に終わってしまわないか心配です。学研教室での予習・復習がさらに大事になってくると思われます。

合格速報! 立命館大学
早々と合格が決まりました。中3の夏に県立高校を目指して入会してきたMさん。高校入試も大学入試も見事第一志望合格を達成しました!

-・-・-・-・-・-・-
非認知能力とは!!
-・-・-・-・-・-・-
最近時々テレビでお見かけする教育経済学者の中室牧子先生の著書「『学力』の経済学」をご存知でしょうか?経済学とはいろいろなデータをもとに検証していく学問ですが、それが教育の分野に生かされています。データからどの時期の教育にお金をかけるのが一番効率的か、など興味深い内容が書かれています。もっとも収益率が高いのは、子どもが小学校に入学する前の未就学教育(幼児教育)。とにかく子どもが小さいうちに投資をすべきと書かれています。
ではなぜ幼児期が大切なのでしょうか?それはその時期の教育が非認知能力を鍛えるからです。認知能力とはIQテストで数値として表すことができる能力に対して、非認知能力とは「自制心」「やり抜く力」「意欲」など一般に「生きる力」といわれるものです。幼児期で受ける教育や環境が将来に大きく影響してくるのです。
では幼児期にそういう環境になかった人たちは非認知能力が育たないのでしょうか?「計画を立てて記録し達成感を自分で管理する」ことが自制心を鍛えるのに有効であると多数の研究で報告されています。まさに学研の学習でそれがかなえられます。進度の計画を立て記録して、与えられた教材を仕上げていく。これを繰り返していくことで自制心はもちろん、やり抜く力が大きく育っていきます。毎日の学習をそういう見方もできるのです。

11月・12月の予定
【中学生】 11月19日(土)、23日(水・祝)  期末テスト前特別講座(北中・塚中)
【中学生】 11月23日(水・祝)、26日(土) 期末テスト前特別講座(南中)
【1~3歳】 12月13日(火)  わかばコース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>