わかば通信 2017年9月号

最大の欲求「安心感」を満たしてあげましょう

子どもの最も強い欲求は「親と一緒にいる時に安心すること」です。
とくに小さなお子さんは、自分がいる環境に敏感です。
ですから安全で愛に満ちた情緒が安定する環境を作ってあげることが大切です。
子どもの脳には、ストレス反応システムがあります。安全な環境にいることでそれが健全に発達し、効果的に機能して、必要に応じてストレスホルモンを減らしていくのです。そして学習や理解に必要な神経回路が守られます。
逆に家庭内で激しい対立が起こる環境では、ストレス反応システムが損なわれ、常に警戒態勢をとるか、ストレスへの反応が鈍くなりすぎるかのどちらかになります。
安心・安全な環境でこそ、脳は成長していくのです。

次回授業は10月10日(火)
お友達やお知り合いをお誘いください!

教室だより 2017年9月号

暑かった夏休みも終わり、一回り大きくなった子どもたちがまた学校に戻っていきました。夏休みの間に経験したことはきっとこれからの成長の力になることでしょう。
まだまだ暑い日が続きます。体調に気を付けて、学習も運動もがんばってほしいと思います。

-・-・-・-・-・-・-
大切なのは「やり抜く力」
-・-・-・-・-・-・-
8月26日の日経新聞に「202X年には再び人あまりに」という記事が載っていました。数年前の不景気での就職難とは違って、これからICTやAI(人工知能)の発達により、今まで人がしていた仕事がロボットにとって代わり職がなくなるということです。
このような時代に私たちは子どもたちにどのような力をつけていけばいいのでしょう。大切なことは才能や知能それ自体ではなく、目標の実現に向けた長期的、かつ継続的に努力する力、つまり「やり抜く力」をつけることなのです。「やり抜く力」(GRIT)は就学前の質の高い幼児教育により最も効率的に育むことができると科学的に証明されています。
では小学生、中学生に対してはどうすればその力をつけていくことができるのでしょうか。
キーワードは継続と反復です。
挑戦→成功体験→自信→くり返し→定着→自信
挑戦→成功体験→自信→さらに挑戦→自信
「自分で解けた時の嬉しさ」を経験し、「それでいいのよ」と言われた時の喜びの積み重ねによって自信がつき、学習の楽しさが感じられるのです。そしてまた次に挑戦していく力が育まれます。
教室ではこのサイクルがうまくいくようにお手伝いし、子どもたちの「やり抜く力」を育てていきます。

-・-・-・-・-・-・-・-
二学期は重要単元が目白押し!
-・-・-・-・-・-・-・-
【1年生】
繰り上がりのあるたし算
繰り下がりのあるひき算
【2年生】
10000までの数、かけ算・九九
長方形・正方形・直角三角形
【3年生】
あまりのあるわり算
少数の意味とたし算・ひき算
【4年生】
2ケタでわるわり算の筆算
面積
【5年生】
異分母分数のたし算・ひき算
単位量あたりの大きさ
【6年生】
角柱・円柱の体積
比例・反比例

以上は一例です。
これに加え国語も漢字・文法・表現力・記述力を鍛える練習が増えてきます。

9月・10月の予定
【中3生】毎週水曜日 理科・社会コース
【希望者】9月16日(土) えんぴつ持ち方教室
【幼児】9月12日(火) わかばコース
【希望者】10月28日(土) 漢字検定
【希望者】10月21日(土) 算数・数学検定
【小学生】10月30日(月)・31日(火) 学力テスト