教室だより 2015年9月号

夏休みもいよいよ終わり、2学期が始まります。2学期は、体育祭・文化祭・音楽会など各学校でいろいろな行事が行われ、その準備や練習に大変な時期です。学習面でも、1学年の中でとりわけ重要な単元の学習に入ります。行事のため落ち着かない日が多いと思いますが、学習をおろそかにしないよう頑張ってほしいと思います。また、夏風邪を引いている生徒さんも多いようです。体調面の管理もきちんとお願いします。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
「言葉」は学びの大切な条件です。
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
教室夏休みの間、少し時間があったので小説を読みました。普段小説を読み始めると、先々が気になりついつい読み続けてしまいますので、お休みを利用しました。ずっと前から手元においていた三浦しおんさんの「舟を編む」。映画にもなりましたので、ご存じの方も多いと思います。辞書を編纂する編集者たちの話です。辞書を編纂するのは地味で根気のいる作業ですので、どんな話かなと半信半疑でしたが、読み始めるとおもしろく一気に読み進めてしまいました。
今まで、辞書は引くだけで結構無味乾燥なものだと思っていましたが、辞書はこうして作るのだということも知り、それに携わる人たちの情熱を感じることが出来ました。何より編集者たちの言葉に対するこだわりに感心しました。
普段当たり前に使っている言葉「右」[左」をどう表現するか、また似た意味の言葉でも微妙なニュアンスの違いや使い方の違い、さらに時代によって意味が広がってきた言葉など、想像を超えた議論や研究がなされ、何年もかけて完成するのです。なにより、登場人物の言葉に対する愛着を知りました。
今、子どもたちは言葉数が少ないですし、使い方もあまり知らないように感じます。教室に来ているとき「来週、用事があるので教室に行けません。」ということを小学生はもちろん、中学生からも聞かれます。「今、教室に居るのだから、“行く”じゃなくて、“来る”でしょ!」と注意してもあまりおかしさを感じていないようです。
子どもたちが自分の思いを的確に表現するにはたくさんの言葉が必要です。自分の気持ちを相手に伝えられることで、ストレスがなくなり良好な人間関係を作っていくことも出来るのです。
良い学びの条件として
※子どもが自分の言葉で考える
※子どもが自分の言葉で発表する
ことが真っ先のあげられます。
まわりの大人たちから言葉を大切に使い、子どもたちに伝えていくことは本当に大切なことだと感じています。言葉数の多い生徒さんは、やはり国語力も高いですし、算数・数学でも理解する力があります。成績を上げるため、絶対に必要なのは言葉の力です。ご家庭でも言葉の意味や使い方を大切にし、お子さんが分からない言葉は丁寧に説明するようにしていただきたいものです。説明してもわからないことも多いですが、それでも聞かせておくことはとても大事だと思っています。

【ウェルノートに登録お願いします。】
前回お送りしたパスワードの期限が切れてしまいましたので、未登録の方には新しいパスワードをお渡し致します。
教室だより、漢検・英検の案内、中学生のテスト対策学習日などもお知らせいたしますので、必ず登録をお願いいたします。スマホでなくてもパソコンでもできます。

【わかばコース】
9月8日(火)11:00~11:45
8月お休みしましたが、再開します。
未就園児のお子さま対象です。
参加ご希望の方は、
メールか電話でご予約ください。

教室だより 2015年8月号

雨が上がるといきなり30度超えの暑さが襲ってきました。子どもたちはプールの授業も始まり、とても疲れている様子です。
でも教室では一生懸命に学習に取り組む姿勢を見せてくれ、感心しています。
夏はまだまだこれから。しっかりご飯を食べ、乗り切りましょう。

ご注意ください!
8月10日(月)から14日(金)教室夏休みです。
ただし、この期間の中学生の夏期講習はあります。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
「おもしろい」と思うことを見つけよう!
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
人間の脳は、意味を感じないこと、おもしろくないことにはあまり反応しません。逆に言えば、「おもしろい」と思うことに対しては、脳内にドーパミンが分泌され、記憶力も定着率も高まります。よく、カブトムシの全種類を言えたり、電車の系統をいえたりするのはそのためです。
「おもしろい」と思うものを見つけるためには、夏やすみは絶好の機会です。子どもたちにできるだけ多くの実体験をさせてあげましょう。自然の中で視覚だけでなく、空気のにおい、風の音、それらを全身で感じさせてあげてください。五感からの刺激は脳を活性化できます。
また、自然体験だけでなく美術館や博物館に行くのもお勧めです。それらの体験は机の上の勉強以上にはるかに多くの刺激を与えてくれるはずです。そして子どもが「おもしろい」「好き」と思うものを徹底的にさせることが大事です。
それは運動や習い事など直接勉強に関係のないことでもいいのです。ピアノを一生懸命練習すると成績が上がるというデータもあるそうです。あることを徹底的にすると、脳内にそのためのプログラムができ、それが勉強にもよい影響を与えるようです。苦手なことをイヤイヤするより、おもしろいこと、好きなことを徹底的にする方が子どもの能力は伸び、遠回りのようでも成績が上がってくるようです。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
夏休み中、学習時間は変更ありません。
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
【算国コース】
短縮授業中・夏休み中も約束の時間に入室してください。
一時に生徒さんが集中すると、待っていただくことにもなりかねません。
ご協力お願いいたします。

【個別コースの夏期講習】
◎中学生は別紙でお渡しした自立学習をメインに行います。
学校の授業に遅れている生徒さんは、個別授業を追加してください。
教室からお願いする場合もあります。
◎小学生でご希望の方は、希望日時・コマ数をメールでお知らせください。

【宿題かたづけ日】
学校の宿題を持ってきて集中して仕上げていきましょう。
算国コース・個別コース・阪急伊丹駅前キャンパスすべての生徒さん対象です。
◎日時:7月22日(水)・8月19日(水) 13:00~18:00
◎場所:新伊丹キャンパス

【「wellnoteスクール」を開始します】
教室の様子やお知らせを保護者の方のスマートフォンやパソコンにお届けします。教室だよりや、期間講習のご案内、その他のお知らせを印刷物でお渡ししていますが、保護者様まで届かないことも多いようです。アナログな尾村ですが、頑張って配信していきますのでよろしくお願いいたします。詳しくは同封の別紙でお確かめください。

教室だより 2015年6月号

真夏のような暑さも小休止。この2、3日は肌寒いような気候です。寒暖の差が大きく、体調管理が大変です。そんな中、宿泊学習や体育祭などの行事があり、疲れている生徒さんも多いと思いますが、食事をしっかりとり元気を回復してください。
お忙しい中、個人懇談にご協力いただきありがとうございます。まだ継続中です。まだの方は個別に順次連絡をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

-・-・-・-・-・--・-
我慢、忍耐、努力・・・
-・-・-・-・-・--・-
最近あまり聞かない言葉です。
少し前の本になりますが、多湖輝著の「我慢できる子は育てる」という本に次のように書かれていました。
『持って生まれた天分や個性を上手に発揮して、将来輝かしいものにできる子どもは「我慢できる子」です。どんな子どもも努力することなく自分の資質や能力を生かせません。努力とは目的のために、遊びたい・怠けたい・寝てしまいたいという気持ちを我慢し、コントロールできることです。
「努力できる子」は「我慢できる子」なのです。我慢するというのは、イヤなことを耐えることだけではありません。明日の飛躍のために、今やるべきことをやるというのも我慢です。明日の飛躍のために、今という時間を有意義に過ごすことです。ゲームがしたい、テレビが見たい、友達と遊びたいという気持ちを自分でコントロールして「今日はやめておこう」あるいは「1時間だけにしておこう」と自己管理することなのです。そしてその時間を明日のために生かせるということなのです。そうすれば夢や希望に一歩ずつ近づけるのです。』
「数学途中式を書こう」、「英語全文を写そう」というと「めんどくさい」。「単語覚えよう」、「公式覚えよう」というと「無理」。という言葉が返ってくることも多いです。それをやってみよう、できるかもしれないと思ってもらえるよう日々頑張っています。
本来勉強はおもしろいからやってみようと子どもが自発的に思うことでいい結果を得るものです。ちょっとした我慢で子どもはそこまで成長するものなのです。教室の中の子どもたちには可能性がたくさん詰まっています。将来を輝かしいものにするために、少しずつ我慢をし、努力できる子になるよう応援していきたいです。

6月・7月の予定
【希望者】 6月13日(土) 漢字能力検定
【中学生】 6月13日(土)・20日(土) 期末試験直前講座
【中学生】 6月15日(月)~25日(木) 自立学習コース
【希望者】 7月4日(土) 保護者会「高校受験と賢くなる夏休みの過ごし方」
【2・3歳】 7月14日(火) わかばコース