教室だより 2020年6月号

教室が再開して一週間がたちました。久しぶりに会う子どもたちは、背が伸びていたり、少し大人っぽくなっていたり。お休み期間の長さを実感しています。

その長い自宅学習期間中、子どもたちを支えてくださった保護者の皆様には心より感謝いたします。親も子も今まで経験したことのない状況の中、お子さまの学習を止めないように尽力してくださったことは、今後必ず良い結果となって返ってくると信じています。本当にありがとうございました。

学校では休校の間、宿題はあったようですが新しい学びが止まってしまいました。しかし学研の学習は、学年に関係なく自分のペースで予習も復習もできるということを再認識致しました。また、一人一人が自分の力を、普段から伸ばしておくことの大事さを感じられた方も多かったのではないかと思います。

このような事は二度と起こってほしくはありませんが、どのような状況下でも学びを止めずに、公教育の補完をしていくという学研の大きな役割は果たしていきたいという思いを新たにしています。

このままコロナが収束してくれることを願いつつ、これからも学研教室の存在が一人でも多くのお子さま、保護者さまの支えとなるよう頑張って参ります。

6月のお休み:なし
7月のお休み:23日(木)、24日(金)

-・-・-・-・-・-
プティパも再開します!
-・-・-・-・-・-
●阪急伊丹駅前キャンパス
6月25日(木) 11:00~

●新伊丹キャンパス
7月2日(木) 11:00~

かならず5日前までに予約してください。

算国コースの対応(幼児・小学生・中学生)

下記の①か②を選択していただくことにしました。

①自宅学習+電話やLINEでの指導、質問受付(通常月謝)
②休会 ※教材提供はございません。(月謝返金)

 

①の自宅学習+電話やLINEの流れ

・今週中に、1ヶ月分の教材をご自宅にお届けします。(教室分と宿題分)
 ↓
・4月20日〜22日を目処に、それまでに出来た教材を返送してください。
(返送用封筒を同封していますので、必ずポストに投函してください。教室で直接受け渡しはできません。)
 ↓
・残りの教材に関しましては、状況を見て、改めてご連絡いたします。

※教室分の教材は、予習になります。
囲みの動画を見ながら、挑戦してみてください。
↓こちらのURLで視聴できます。
https://www.889100.com/lp/mathmovie.html

 

※電話やLINE、メールで質問を受け付けます。
受付時間は、14:00〜20:00

メールやLINEの返信も基本的に上記時間帯です。

 

以上をご理解いただいた上で、

①自宅学習+電話やLINEでの指導、質問

②休会

どちらにされるか、明日9日(木)12:00までにご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

個別指導コースの対応

小学生】休室(授業料返金)

【中学生】数学・英語:授業を録画した動画を配信
     (20分程度。個人個人に合わせた内容です)
     (通常授業料)
     国語:授業なし(授業料返金)

【高校生】スカイプで授業

13日(月)から開始いたします。

動画の準備がありますので、明日9日(木)12:00までに、動画授業を希望されるかどうかご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

教室だより 2020年4月号

新型コロナウィルス対策にご協力いただきありがとうございます。
早く正常な生活に戻れることを願うばかりです。

-・-・-・-・-
合格おめでとう!
-・-・-・-・-

  • 県立尼崎稲園高校 2名
  • 県立伊丹北高校 1名
  • 県立伊丹高校 1名
  • 市立伊丹高校 3名
  • 県立尼崎北高校 1名
  • 県立武庫之荘総合高校 1名
  • 市立川西明峰高校 1名
  • 市立双星高校ものづくり機械科 1名
  • 私立神戸野田高校 特進Sコース 1名
  • 大阪学院大付属高校 2名
  • 園田学園高校 1名
  • 英真高校 1名

ほとんどの生徒さんが第一志望に見事合格しました。
今年は大切な時期に休校になり、不安な2週間を過ごすことになりました。教室では短時間ですが開放し、自習を受け付けました。毎日のように通ってきて頑張った生徒さんもいます。最後までよく頑張りました。大きな拍手を贈りたいです。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
合格した生徒さんたちに気をつけていたことを聞きました

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

  • 規則正しい生活。勉強の時間を決める。
  • 集中がきれると休憩。50分間取り組んだら休憩する。
  • 基本的な内容の復習をしっかりする。
  • 苦手分野をあぶり出し、つぶしていく。
  • 英語長文になれる。2、3日に1回程度読む。
  • 英語リスニングに慣れる。
  • 過去問で問題に慣れる。
  • 応用問題に慣れておくと難しい問題も解きやすい。
  • 歴史の年号をきちんと暗記する。

などなど。

学研の先生のサポートがあったからと書いてくれた生徒さんもいました。嬉しいです。高校生になってもがんばってほしいです。また新中3生、先輩に続いて頑張りましょう。

 

3月16日からの対応

家庭学習は順調に進んでいますでしょうか。

学研エデュケーショナルより、316以降の方針が発表されましたので、下記リンク先にてご確認ください。
https://www.889100.com/lp/gakkenclassroom/info.html#03102

 

当教室の対応といたしましては、
316日~31の間、少人数分散型学習で再開いたします。

【新伊丹キャンパス】
200250 小2
300350 幼児・小1
400450 小3・小4
500550 小5
600650 小6・中学生

【個別指導コース】
通常通り

【阪急伊丹駅前キャンパス】
300350 小1
400450 小2・小3
500550 幼児
600650 小4・小5・小6

※いつもの学習曜日に来てください。
※どうしても指定した時間が無理な方はご連絡ください。

【教室学習を希望されない方】
引き続き自宅学習となります。新しい教材を取りに来てください。お月謝の返金はありません。
また316から半月休会できます。その場合、お月謝は半月分返金となります。

ガイドラインの遵守が必要
教室に来ていただくにあたり、「少人数分散型学習のガイドライン」をご一読いただき、遵守していただく必要があります。
特にマスク、検温は絶対に忘れないでください。https://www.889100.com/lp/gakkenclassroom/pdf/20200310_02.pdf

同意書が必要
上記のガイドラインの内容を了承していただき、同意書を提出していただく必要があります。
https://www.889100.com/lp/gakkenclassroom/pdf/20200310_01.pdf

こちらからダウンロード・印刷して、ご署名の上、お持ちください。
同意書は教室でも用意していますので、3/12以降、教室時間中に書きに来ていただいても大丈夫です。
なお同意書なき場合、お子様が来室された時点で同意されたものとみなします。後日同意書をご提出ください。

返信お願いします
16日からの各ご家庭の方針をお知らせください。

 

いろいろご不便をおかけいたしますが、ご協力よろしくお願いします。

 

教室だより 2020年1月号

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
年が明けるともうすぐ受験シーズン。
体調にはくれぐれも注意して最後の追込みをがんばってほしいです。

-・-・-・-・-・-
あきらめない気持ちを!
-・-・-・-・-・-

世界の高校生の学力到達度テストで、読解力のランキングが一昨年の8位から昨年は15位に落ちてしまいました。大学入試の記述式問題の導入も今年は見送りになりました。とりあえずは安心?でしょうか。
読解力の中でも特に日本人が弱いのは記述です。日本の高校生たちははっきりした解がわからない時に白紙で出す傾向があります。外国の生徒たちは最後まで悪あがきをして取り組んでいくそうです。
社会に出ると解のあることはほとんどありません。どうすればいいか自分自身で試行錯誤を繰り返していかないといけなくなります。そのために早い時期からあきらめず、粘り強く取り組む姿勢をつけることが大切です。
教室の中で、学研の一筋縄ではいかない教材に取り組んでいる子どもたちをみると、本当に頼もしく感じることも多いです。「明日の学力」診断でも初回から比べ、空欄のまま出すことがほとんどなくなったことも嬉しい成長です。学研の教材に今年も粘り強く取り組んでもらえるよう、スタッフ一同お手伝いしていきます。

-・-・-・-・-・-・-・-
持ち物に名前を書いてください
-・-・-・-・-・-・-・-
教室に持ってくるもの全てに名前を書いてください。鉛筆や筆箱はもちろん、靴、帽子、手袋などにも記名をお願いいたします。忘れ物の持ち主を探すのに苦労しています。

●2月11日(火)、24日(月)は休室です。

●プティパの日程にご注意ください。
新伊丹キャンパスの開催日がいつもと違い第2木曜日になります。 
2月13日(木)11:00~

教室だより 2019年12月号

お忙しい中、懇談にご協力いただきありがとうございました。保護者様のお話を生かし、ますますお子さまに寄り添っていける教室になりたいと思っております。

今年も残すところあとわずかとなりました。子どもたちにとっては、クリスマス・お正月と楽しい予定が続いていきます。生活のリズムも乱れがちです。できるだけ起きている時間は変えないようにいたいものです。

-・-・-・-・-・-・-
生きた言葉を身につけよう!
-・-・-・-・-・-・-
子どもは自分が喋れるようになるずっと前から、周囲の大人たちが「言葉」を使って意思疎通をしている様子を興味を持って観察しているのです。子どもが語彙を獲得しようという内的な動機は、最初は「自分の欲求を伝えたい」かもしれませんが、そのうち「大人みたいに話してみたい」とか「会話に加わりたい」などになります。少し大きくなると「本を読みたい」など、より広い世界へと関心が広がっていきます。
小学校ではドリルで漢字や語彙を学びます。それを覚えて正確に書けるようになると、学校では完結してしまいます。それでは生きた言葉にはなりません。学んだ言葉を使う場面が必要です。
年末年始は家族ですごす時間も増えます。ぜひこの機会に家族での会話をはずませてほしいと思います。

●冬期休室日:12月28日(土)~1月5日(日)
●年初学習開始日:1月6日(月)
※中3生は別予定です。すでに渡してある予定に従ってください。

教室だより 2019年10月号

-・-・-・-・-・-・-・-・-
「明日の学力」診断が終わりました
-・-・-・-・-・-・-・-・-
回を追うごとに取り組む姿勢がしっかりとしてきたと感じます。なかなか点数を上げることは難しいですが、長い質問を読み、それに対して自分の考えを述べる練習は必要です。それは書かなければ発揮されない、書いたものを見てはじめて評価・測定できる「資質・能力」があるからです。かつては「知識・技能」を「学力」ととらえ、「基礎・基本」となる「知識・技能」を習得するため「これだけは覚えておきなさい」「やり方を覚えなさい」と言って習熟練習を繰り返していました。
しかし予測が困難で変化の激しい時代、高度情報化・グローバル化が進展する社会では「知識・技能」を身に付けているだけでは太刀打ちできなくなります。そこで新しい学習指導要領では「これからの時代に求められる資質・能力」として新しい学力観が示されました。「資質・能力」とは従来の繰り返し習熟学習を土台にして、そこからどのようにして頭を働かせていくかというこです。与えられた文章や資料をもとに、与えられた条件に従って必要な情報を取捨選択し、まとめ、書き出していくという頭の働かせ方が必要になります。
今回は「明日の学力」診断と共に19日に基本の学力診断テスト会を行い、結果を併せてみて行こうと思っています。

-・-・-・-・-・-
「学力診断テスト会」
10月19日(土)【無料】
-・-・-・-・-・-
【午前の部】 10:30~11:45 【午後の部】 14:00~15:15
◎テスト会場:学研新伊丹キャンパス ◎対象:年長~小6
まだ若干余裕があります。申込されていない方はLINEでお知らせください。

-・-・-・-・-・-・-・-
「読書・作文コース」のご紹介
-・-・-・-・-・-・-・-
学研教室では「読書・作文コース」があり、書くことのスキルを高めていく練習をすることができます。読書・読解・作文教材からなり、読書・読解教材では物語や科学的読み物、グラフ・図や表、写真を含む文章を読み取り、理解する力を育てます。読解力は、国語はもちろん算数や理科・社会の勉強でも非常に大切です。
作文教材では、自分の考えや意見をまとめて述べる練習をしていきます。表現や作文の型を理解してから構成メモを書く、作文を書く、とステップを踏んで無理なく作文の力をつけていきます。
●週1回 6,600円(小3~)

●10月22日(火)は即位の礼で祝日でお休み
●10月31日(木)は回数調整のためお休み

【第3回】学力診断テスト会

-・-・-・-・-・-
お申込みはこちらから!
-・-・-・-・-・-

重要単元の学習が多い2学期が始まりました。
10月3日・4日に「明日の学力」診断を行いますがその結果では基礎学力のチェックが難しいです。「明日の学力」診断の思考力・判断力の評価と合わせて基礎学力の確認もしたいと思います。できるだけご参加ください。
テストの後は、「英語であそぼう!」と題し、楽しく英語にふれる時間を持ちます。
参加費無料です。ぜひご参加ください。
なお今回は保護者様向けの講演会はございません。

10月19日(土)
【午前の部】 10:30~11:45
【午後の部】 14:00~15:15

◎テスト会場:学研新伊丹キャンパス
伊丹市平松4丁目1-14 ミヤビホーム2階(平松公園北側)

◎対象:年長~小6

※午前の部、午後の部、どちらかをお選びください。
※筆記用具(鉛筆・消しゴム)をご持参ください。

参加費無料

-・-・-・-・-・-
お申込みはこちらから!
-・-・-・-・-・-

教室だより 2019年9月号

8月24日(土)の周年記念表彰式&講演会には、たくさんの生徒・保護者の方々がご参加くださりありがとうございました。お礼が大変遅くなりました。おかげさまで記念に残る会ができました。
これからもますます研鑚を重ね、より良い教室を作っていくよう努力いたしますので、よろしくお願いいたします。
2学期が始まりました。体育祭の練習も始まっています。まだまだ暑さの厳しい日が多いと思います。体調にはくれぐれもご注意ください。

-・-・-・-・-・-・-・-
お子さまのスマホ・携帯に関して
-・-・-・-・-・-・-・-
教室内では、スマホ・携帯電話は電源を切ってカバンにしまっておくことにしています。ご家庭からお子さまに、緊急の連絡がある場合は教室にお電話ください。
072-777-4725

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
これからの子どもたちが生きていくのは、
予測不能な社会(宮原社長の講演より)
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
今まで花形だった職業が消え、新しい仕事が生まれてきたりします。子どもたちはそのような社会をたくましく生きていかなければなりません。そこで必要とされる力は「21世紀型能力」と言われています。それは知識・技能(基礎力)が身についていることはもちろん、「どうしてそうなるのか」「どうやったらよくなるのか」を思考・判断(思考力)して、自分の言葉で表現でき、積極的に自ら学び続け能動的に社会に関わる力(実践力)です。
具体的には、基礎力は言語力や数量計算です。特に言語力は単に話すことだけでなく、頭の中で考える時に使う言葉をたくさん持っているほど高まります。
思考力は、当たり前の様に行われている物事の中に問題を発見し、解決していく力をもつこと。論理的に自分の意見をアウトプットする力です。
実践力は、コミュニケーション力を生かし社会参加し、自主的に活動していくことです。
学研教室は、その場限りの学力ではなく、その後も自分で伸びていく本当の学力、つまり「21世紀を生き抜く力」をしっかりと身に付けることを目指しています。

-・-・-・-・-
「明日の学力」診断
-・-・-・-・-
10月3日(木)・4日(金)に「明日の学力」診断を実施します。プリントコースの生徒さんは全員受験です。個別コースの生徒さんで受験を希望されるかたは、9月20日(金)までにお申込みください。