教室だより 2016年11月号

今年もあと2ヶ月となりました。気候は相変わらず不順です。急に寒くなることもあるようです。風邪をひかないよう気を付けましょう。
学校の進度が少し遅いようなので気になります。スピードを上げて大切な単元があっという間に終わってしまわないか心配です。学研教室での予習・復習がさらに大事になってくると思われます。

合格速報! 立命館大学
早々と合格が決まりました。中3の夏に県立高校を目指して入会してきたMさん。高校入試も大学入試も見事第一志望合格を達成しました!

-・-・-・-・-・-・-
非認知能力とは!!
-・-・-・-・-・-・-
最近時々テレビでお見かけする教育経済学者の中室牧子先生の著書「『学力』の経済学」をご存知でしょうか?経済学とはいろいろなデータをもとに検証していく学問ですが、それが教育の分野に生かされています。データからどの時期の教育にお金をかけるのが一番効率的か、など興味深い内容が書かれています。もっとも収益率が高いのは、子どもが小学校に入学する前の未就学教育(幼児教育)。とにかく子どもが小さいうちに投資をすべきと書かれています。
ではなぜ幼児期が大切なのでしょうか?それはその時期の教育が非認知能力を鍛えるからです。認知能力とはIQテストで数値として表すことができる能力に対して、非認知能力とは「自制心」「やり抜く力」「意欲」など一般に「生きる力」といわれるものです。幼児期で受ける教育や環境が将来に大きく影響してくるのです。
では幼児期にそういう環境になかった人たちは非認知能力が育たないのでしょうか?「計画を立てて記録し達成感を自分で管理する」ことが自制心を鍛えるのに有効であると多数の研究で報告されています。まさに学研の学習でそれがかなえられます。進度の計画を立て記録して、与えられた教材を仕上げていく。これを繰り返していくことで自制心はもちろん、やり抜く力が大きく育っていきます。毎日の学習をそういう見方もできるのです。

11月・12月の予定
【中学生】 11月19日(土)、23日(水・祝)  期末テスト前特別講座(北中・塚中)
【中学生】 11月23日(水・祝)、26日(土) 期末テスト前特別講座(南中)
【1~3歳】 12月13日(火)  わかばコース

教室だより 2016年9月号

2学期が始まりました。さっそく体育祭の練習でしょうか。春にすんだ学校もあるようですが、まだまだ暑い日が続きそうですし、夏風邪(?)も流行っています。十分ご注意ください。

9月19日(月・祝)は通常通り開室します。

-・-・-・-・-・-・-
覚えることの大切さ!
-・-・-・-・-・-・-
二学期は行事も多く学習に集中することが難しいのですが、各学年大事な単元があるため、油断できません。特に2年生は九九を学習します。九九の理屈は教材できちんと押さえていきますが、とにかくすらすら各段が言えることが絶対に必要です。
最近の子供たちに共通していえることですが、覚えることがとても苦手です。覚えなければいけないという意識も希薄です。九九に限らず、面積・体積の求め方、時速・時間・距離の関係、割合の計算など、なかなか定着しません。中学生の英単語などもそうです。
原因はいろいろあるでしょうが、理屈ぬきにしなければいけないこともあるということも知ってほしいと思います。よく「覚えられない」と子どもたちは言いますが、覚えられないのではなく覚えるまで繰り返していないのです。
九九は誰もが覚えなければいけない最初の関門です。ご家庭のご協力も必要ですが10月末までには2年生全員がすらすら言えるようにしたいものです。

-・-・-・-・-・-・-・-・-
教室案内を新しくつくりました
-・-・-・-・-・-・-・-・-
変更点、追加したことがありますのでお知らせします。
◎学習中のお子様の携帯電話への連絡はお控えください。急用の場合は教室の電話におかけください。
◎災害時の対応
【暴風警報】
2時までに解除されない場合 小学生は休室
5時までに解除されない場合 中学生も休室
※学校の方針に従い、暴風警報の時のみの対応になります。
その他の警報のときは、各ご家庭で判断してください。
【地震発生時(新伊丹キャンパスのみ)】
教室内に留まれない場合は、平松公園に避難いたします。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
中3生 理社受験対策復習コース
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
◎理社受験対策復習コース
9月17日(土)~3月受験日前まで
毎週土曜日午前9:00~12:00
理科・社会受験対策をいたします。
月謝:5,000円(9月分は2,500円)
※欠席の返金はいたしません。水・金曜日19:00~に振り替えてください。
中1生、中2生も通常授業で学習できます。
月謝:5,000円(9月分は2,500円)
テスト前補習:1回1500円

教室だより 2016年6月号

雨の季節に入ったようです。それに今年は気温も高め。蒸し暑い日が続きそうです。
教室にも水筒を忘れずにお持ちください。7月、8月の教室休室の日をご確認ください。

-・-・-・-・-・-
中3生の皆さんへ
-・-・-・-・-・-
学校でも実力テスト、教室での模試など受験モードが高まってきました。今年度は学区再編があってから3年目。学校でも過去2年の結果を参考に厳しく指導がされそうです。
2学期の中間テストまでに結果を出さないと自分の希望の高校は難しくなってきそうです。
部活を引退した夏休みは毎日教室に通って学習してください。夏休みの過ごし方次第で結果が大きく違ってきます。全力投球です。

-・-・-・-・-・-
6年生の皆さんへ
-・-・-・-・-・-
6年生の生徒さんでまだ英語を学習していない人は、夏休みから始めてください。中学生になってからの英語学習はスタート地点から厳しいものになります。せめて半年、それでも遅いくらいですが先取りをしておきましょう。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
6、7、8月はキャンペーンがいっぱい!
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
◎6月無料体験入会金割引
◎お友だち、兄弟・姉妹紹介キャンペーン
素敵なプレゼントがあります!
◎7、8月夏の特別教室
夏休み前からスタートできます。
もちろんプレゼントもあります!
※いつからの学習がお得なのかわからない時は、
お気軽にご相談ください。
【インナー夏特もあります!(算国コース)】
すでに算国コースに通ってくださっている生徒さんが、学校がお休みの間の夏休み期間中、学習日を増やして通うことができます。学校の内容にまで進んでいない生徒さんは参加してください。中3生は全員参加です。(週5日)

教室だより 2016年4月号

桜がさき、そのほかいろいろな花が咲き始める季節、気持ちが何となく華やいできますね。桜の満開の時期に、たまたま京都に行く用事があり、帰りに円山公園のしだれ桜を見てきました。何年ぶりかのお花見ができました。
子どもたちも新入学・進級と新しい生活が始まっています。環境になれるのも大変でしょうが、楽しい一年が過ごせるように願っています。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
心と体と頭のバランスが大事!
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
子どもたちの体力・運動能力は30年前から低下し続けています。最近では学校の授業で使うボールは柔らかいものを使うことが多いようです。固いボールだと体に当たると痛いですし、キャッチしたときの反動も大きいものです。子どもたちが危険を感じたり、恐怖心を覚えたりすることがないよう、安全に楽しく球技に取り組めるようにと考えて、柔らかいボールや用具を使うようになったようです。30年前と比較すると、ボール投げや50m走の記録は親世代を下回っています。反面、身長や体重などの体格面では今の子どもたちは親の世代を上回っています。体格が向上しているのに、体力や運動能力が低下しているということは、それだけ体力低下が深刻なものだということです。体力の低下は病気やケガのもとになったり、生活習慣病のリスクを高めたりすることにもなります。将来的に社会全体の活力が失われていく危険性も含んでいるのです。
学力に限らず、スポーツクラブに所属したり、学校の部活動に参加している子どもと、まったく運動をしない子どもとの二極化が進んでいるのです。教室の中でも、学習しているとき背筋を伸ばしていられず、体をまっすぐにたもてない子どもがいます。それは怠けているとか、精神的に弱いとかではなく、筋力が弱いからなのです。背骨を支える筋肉が発達していないのです。体の機能を成長させていくには適度な運動が欠かせません。1週間の運動時間が15分未満の子どもが中学校で約7割、小学校で約5割もいるのです。1週間に一度は外に出て体を思い切り動かしてみませんか。体を動かすことによって神経細胞も発達し、脳も活性化されるのです。これからは外に出るのが最高の季節です。親子で外遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

-・-・-・-・-
今年の進学先
-・-・-・-・-
●県立尼崎稲園高校
●県立尼崎北高校
●伊丹市立伊丹高校
●県立伊丹西高校
●県立尼崎西高校
●県立川西明峰高校
●その他私立高校

-・-・-・-・-
卒業生進学先
-・-・-・-・-
●大阪経済大学
●関西学院大学法学部
●関西学院大学社会学部

教室だより 2016年2月号

今年の冬は気まぐれで、暖冬かと思えば大寒波が来たりと、変化に振り回されています。 寒くなると受験シーズン。高校受験はこれからが佳境です。体調管理も難しいですが、最高のコンディションで受験当日望んでほしいです。卒業生から中学受験の嬉しい報告が届いています。合格の報告、続いて欲しいものです。

3月30日(木)、4月1日(金)
新伊丹キャンパスはお休みをいただきます。
学習環境を整えるため、レイアウトの変更をいたします。ご了承ください。
阪急伊丹駅前キャンパスは通常通り開室いたします。

-・-・-・-・-
教育の役割!
-・-・-・-・-
教育の役割は、もちろん子どもたちに学力をつけること。でもどんな将来にも適応する力を養うことともいえます。
2011年アメリカ・デューク大学の研究者デビットン氏の話が、ニューヨークタイムズ紙に掲載され、大きな衝撃を与えました。それは、「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう。」というものです。勿論アメリカだけでなく、日本の子どもたちにとってもいえることです。確かにIT関係の仕事は20年前にはほとんどなかったものです。ですから、今の小学生が将来の夢を持っても35%しか叶わないということになります。
35%の可能性に自分を無理やり押し込めてしまうこと、他の可能性を捨てることが「夢を持つ」と言うことになってしまうのです。ではどのように考えていけばよいのでしょうか。自分が「おもしろい」と思えることをしようと言うことが大切になってくるかもしれません。こどもたちは学校の勉強なんておもしろくないというかもしれません。でも学問につまらない分野はない思います。どんなことでも究めれば究めるほど、どんどん面白くなっていくのです。子どもたちが「これ、つまらない。」とか「こんなことには興味がない」というとしたら、それは、まだその分野のことをよく知らないと言うことなのです。学問でも、スポーツでも今はとことん楽しむ姿勢が大切なのではないでしょうか。楽しんで掘り下げていく、それが出来るのが一番ではないでしょうか。
将来どんな世の中になろうとも、順応できる適応力を養うのが教育の役割ではないでしょうか。教室に通ってきてくれる子どもたちが物事を究めるためのお手伝いができるよう、また学習することが少しでも楽しいと思ってもらえるよう頑張っていきたいと思っています。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
新学年に向けて懇談をお願いしています。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
順次ご案内をしておりますのでご協力よろしくお願いいたします。

教室だより 2015年12月号

はやいもので11月も半ば。今年は気候が不順で、暑いくらいの日もあれば、肌寒い日も。教室にTシャツで駆け込む子、暖かそうなジャンパーを着てくる子と様々です。これからの季節、風邪をひかないように十分ご注意ください。

11月23日(月・祝)はテスト前ですので中学生のみ、通常通り授業を行います。
年内最終学習日は12月25日(金)。
12月23日(水・祝)も通常授業を行う予定です。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
学研教室の理念は、教材学習を通して
子どもたちに「生きる力」をつけることてす。
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
自分にちょうどの学習から始め、やる気を育て自信をつけ、それを「生きる力」につなげていきます。先日読んだ本では、今の時代、一人一人に求められているものは「生きる力」だと書かれていました。どんな状況になろうとも、今自分にできることは無限にあると思えるだけの気持ちが育てられていることが大事なのです。
自分に自信を持つことも勿論ですが、いろいろな出会いが人を成長させます。これから子どもたちは数え切れない人と出会うことでしょう。よい出会いをたくさん繰り返して、自分を成長させて欲しいと願っています。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
公立高校受験まで、あと3ヶ月少し。
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
毎週土曜日午前9時から12時まで勉強会をしています。積極的に参加しよい結果を出せるように頑張ってください。
【中3生冬期講習】
12月26日(土)、28日(月)、29日(火)
詳細は後日お知らせします。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
学習に必要な道具はしっかり揃えましょう
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
筆記用具を全て忘れてくる強者もいます。
家を出るときに必ず持ち物を確かめてください。
●削った鉛筆を3本以上
●消しゴム(白い四角いものが一番です)
●カラーマーカーを一本
忘れる生徒さんが多いです。必ず持たせてください。
●必要に応じて定規やコンパス
準備がきちんと出来ていないと学習も身につきません。もう一度見直しお願い致します。

教室だより 2015年10月号

秋晴れの爽やかな日が続きます。
行事の多い2学期ですが、一つ一つ無事に終わっているようです。
「天高く馬肥ゆる秋」で美味しい季節の食べ物も沢山ありますが、「読書の秋」でもあります。学業にも力を入れて取り組みましょう。

10月29日(木)阪急伊丹駅前教室は休室
(よみうり文化センターが閉館のため)

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
学研ホールディングスの宮原社長が
新伊丹キャンパスを尋ねてくださいました。
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
宮原社長は、私が教室開設時に神戸の支社で教室事業を担当しておられました。当時はまだまだ教室の認知度が低く、教室数もとても少なかったです。そのような中、一人でも多くの子どもたちに学研の素晴らしい教材を学習してほしいという思いで、教室の普及・充実に努めてこられました。
学研ホールディングスの社長になられた今でも、教室事業に情熱を持って取り組んでくださっています。とてもうれしく心丈夫です。
その思いを受けて、私も研鑚を積み、もっともっと良い教室にしていきたいと気持ちを新たにしました。今後ともよろしくお願いいたします。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
中学3年生の皆様へ
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
2学期はテストテストの連続です。その一つ一つの結果が志望校決定に大きくかかわってきます。あとたった5ヶ月しかありません。気持ちを引き締め頑張ってほしいと思います。
平日7時からは自習も出来ます。積極的に参加してください。
また、10月17日から毎週土曜日に受験対策授業を致します。全員第一志望に合格できるよう全力で応援していきます。原則中3生全員参加です。
時間 9:00~12:00
費用 1回 3000円
教科 教室で必要だと判断した教科。
生徒本人の希望も考慮します。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
算国コース・火曜日の生徒さんへ
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
火曜日に生徒さんが集中しています。3:30の生徒さんはできるだけ遅れないように入室してください。また月曜日に変更可能な方は、尾村までご連絡ください。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
とことことんに掲載されました
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
JR西日本の情報誌「とことことん」2015秋号の一番最後のページに、尾村が掲載されています。
ご一読ください。

教室だより 2015年9月号

夏休みもいよいよ終わり、2学期が始まります。2学期は、体育祭・文化祭・音楽会など各学校でいろいろな行事が行われ、その準備や練習に大変な時期です。学習面でも、1学年の中でとりわけ重要な単元の学習に入ります。行事のため落ち着かない日が多いと思いますが、学習をおろそかにしないよう頑張ってほしいと思います。また、夏風邪を引いている生徒さんも多いようです。体調面の管理もきちんとお願いします。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
「言葉」は学びの大切な条件です。
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
教室夏休みの間、少し時間があったので小説を読みました。普段小説を読み始めると、先々が気になりついつい読み続けてしまいますので、お休みを利用しました。ずっと前から手元においていた三浦しおんさんの「舟を編む」。映画にもなりましたので、ご存じの方も多いと思います。辞書を編纂する編集者たちの話です。辞書を編纂するのは地味で根気のいる作業ですので、どんな話かなと半信半疑でしたが、読み始めるとおもしろく一気に読み進めてしまいました。
今まで、辞書は引くだけで結構無味乾燥なものだと思っていましたが、辞書はこうして作るのだということも知り、それに携わる人たちの情熱を感じることが出来ました。何より編集者たちの言葉に対するこだわりに感心しました。
普段当たり前に使っている言葉「右」[左」をどう表現するか、また似た意味の言葉でも微妙なニュアンスの違いや使い方の違い、さらに時代によって意味が広がってきた言葉など、想像を超えた議論や研究がなされ、何年もかけて完成するのです。なにより、登場人物の言葉に対する愛着を知りました。
今、子どもたちは言葉数が少ないですし、使い方もあまり知らないように感じます。教室に来ているとき「来週、用事があるので教室に行けません。」ということを小学生はもちろん、中学生からも聞かれます。「今、教室に居るのだから、“行く”じゃなくて、“来る”でしょ!」と注意してもあまりおかしさを感じていないようです。
子どもたちが自分の思いを的確に表現するにはたくさんの言葉が必要です。自分の気持ちを相手に伝えられることで、ストレスがなくなり良好な人間関係を作っていくことも出来るのです。
良い学びの条件として
※子どもが自分の言葉で考える
※子どもが自分の言葉で発表する
ことが真っ先のあげられます。
まわりの大人たちから言葉を大切に使い、子どもたちに伝えていくことは本当に大切なことだと感じています。言葉数の多い生徒さんは、やはり国語力も高いですし、算数・数学でも理解する力があります。成績を上げるため、絶対に必要なのは言葉の力です。ご家庭でも言葉の意味や使い方を大切にし、お子さんが分からない言葉は丁寧に説明するようにしていただきたいものです。説明してもわからないことも多いですが、それでも聞かせておくことはとても大事だと思っています。

【ウェルノートに登録お願いします。】
前回お送りしたパスワードの期限が切れてしまいましたので、未登録の方には新しいパスワードをお渡し致します。
教室だより、漢検・英検の案内、中学生のテスト対策学習日などもお知らせいたしますので、必ず登録をお願いいたします。スマホでなくてもパソコンでもできます。

【わかばコース】
9月8日(火)11:00~11:45
8月お休みしましたが、再開します。
未就園児のお子さま対象です。
参加ご希望の方は、
メールか電話でご予約ください。

教室だより 2015年8月号

雨が上がるといきなり30度超えの暑さが襲ってきました。子どもたちはプールの授業も始まり、とても疲れている様子です。
でも教室では一生懸命に学習に取り組む姿勢を見せてくれ、感心しています。
夏はまだまだこれから。しっかりご飯を食べ、乗り切りましょう。

ご注意ください!
8月10日(月)から14日(金)教室夏休みです。
ただし、この期間の中学生の夏期講習はあります。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
「おもしろい」と思うことを見つけよう!
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
人間の脳は、意味を感じないこと、おもしろくないことにはあまり反応しません。逆に言えば、「おもしろい」と思うことに対しては、脳内にドーパミンが分泌され、記憶力も定着率も高まります。よく、カブトムシの全種類を言えたり、電車の系統をいえたりするのはそのためです。
「おもしろい」と思うものを見つけるためには、夏やすみは絶好の機会です。子どもたちにできるだけ多くの実体験をさせてあげましょう。自然の中で視覚だけでなく、空気のにおい、風の音、それらを全身で感じさせてあげてください。五感からの刺激は脳を活性化できます。
また、自然体験だけでなく美術館や博物館に行くのもお勧めです。それらの体験は机の上の勉強以上にはるかに多くの刺激を与えてくれるはずです。そして子どもが「おもしろい」「好き」と思うものを徹底的にさせることが大事です。
それは運動や習い事など直接勉強に関係のないことでもいいのです。ピアノを一生懸命練習すると成績が上がるというデータもあるそうです。あることを徹底的にすると、脳内にそのためのプログラムができ、それが勉強にもよい影響を与えるようです。苦手なことをイヤイヤするより、おもしろいこと、好きなことを徹底的にする方が子どもの能力は伸び、遠回りのようでも成績が上がってくるようです。

-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
夏休み中、学習時間は変更ありません。
-・-・-・-・-・--・-・-・-・--・-
【算国コース】
短縮授業中・夏休み中も約束の時間に入室してください。
一時に生徒さんが集中すると、待っていただくことにもなりかねません。
ご協力お願いいたします。

【個別コースの夏期講習】
◎中学生は別紙でお渡しした自立学習をメインに行います。
学校の授業に遅れている生徒さんは、個別授業を追加してください。
教室からお願いする場合もあります。
◎小学生でご希望の方は、希望日時・コマ数をメールでお知らせください。

【宿題かたづけ日】
学校の宿題を持ってきて集中して仕上げていきましょう。
算国コース・個別コース・阪急伊丹駅前キャンパスすべての生徒さん対象です。
◎日時:7月22日(水)・8月19日(水) 13:00~18:00
◎場所:新伊丹キャンパス

【「wellnoteスクール」を開始します】
教室の様子やお知らせを保護者の方のスマートフォンやパソコンにお届けします。教室だよりや、期間講習のご案内、その他のお知らせを印刷物でお渡ししていますが、保護者様まで届かないことも多いようです。アナログな尾村ですが、頑張って配信していきますのでよろしくお願いいたします。詳しくは同封の別紙でお確かめください。

教室だより 2015年6月号

真夏のような暑さも小休止。この2、3日は肌寒いような気候です。寒暖の差が大きく、体調管理が大変です。そんな中、宿泊学習や体育祭などの行事があり、疲れている生徒さんも多いと思いますが、食事をしっかりとり元気を回復してください。
お忙しい中、個人懇談にご協力いただきありがとうございます。まだ継続中です。まだの方は個別に順次連絡をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

-・-・-・-・-・--・-
我慢、忍耐、努力・・・
-・-・-・-・-・--・-
最近あまり聞かない言葉です。
少し前の本になりますが、多湖輝著の「我慢できる子は育てる」という本に次のように書かれていました。
『持って生まれた天分や個性を上手に発揮して、将来輝かしいものにできる子どもは「我慢できる子」です。どんな子どもも努力することなく自分の資質や能力を生かせません。努力とは目的のために、遊びたい・怠けたい・寝てしまいたいという気持ちを我慢し、コントロールできることです。
「努力できる子」は「我慢できる子」なのです。我慢するというのは、イヤなことを耐えることだけではありません。明日の飛躍のために、今やるべきことをやるというのも我慢です。明日の飛躍のために、今という時間を有意義に過ごすことです。ゲームがしたい、テレビが見たい、友達と遊びたいという気持ちを自分でコントロールして「今日はやめておこう」あるいは「1時間だけにしておこう」と自己管理することなのです。そしてその時間を明日のために生かせるということなのです。そうすれば夢や希望に一歩ずつ近づけるのです。』
「数学途中式を書こう」、「英語全文を写そう」というと「めんどくさい」。「単語覚えよう」、「公式覚えよう」というと「無理」。という言葉が返ってくることも多いです。それをやってみよう、できるかもしれないと思ってもらえるよう日々頑張っています。
本来勉強はおもしろいからやってみようと子どもが自発的に思うことでいい結果を得るものです。ちょっとした我慢で子どもはそこまで成長するものなのです。教室の中の子どもたちには可能性がたくさん詰まっています。将来を輝かしいものにするために、少しずつ我慢をし、努力できる子になるよう応援していきたいです。

6月・7月の予定
【希望者】 6月13日(土) 漢字能力検定
【中学生】 6月13日(土)・20日(土) 期末試験直前講座
【中学生】 6月15日(月)~25日(木) 自立学習コース
【希望者】 7月4日(土) 保護者会「高校受験と賢くなる夏休みの過ごし方」
【2・3歳】 7月14日(火) わかばコース